インターネット友だちを増やすのが最強のSEO対策なんじゃないか

岡崎良徳

ブログやSNSのアイコン画像を変更しました。以前まで使用していたものは事あるたびに「こっち見んな」とか「自意識過剰のおっさんキモい」とか、掲げているだけで精神が磨り減る攻撃を受けていたためです。

むしろあのアイコンを目にするたびに精神にダメージを負っていた方もおるやもしれません。誠に申し訳ございません。

また、旧アイコンのために本来であれば就職を控えた女子大生、社会人になりたての新入女子社員たちから絶大な支持を得ていたであろう可能性を捨ててしまっていたという莫大な機械損失に気がついたためでもあります。

もう1年早く気がついていたら。嗚呼。

酔っ払っているので雑です。

そういう言い訳で多少の失言はごまかそうかと思いながら打鍵を続けているんですけれども、このアイコンの元画像は気鋭のブロガー「鈴木です。」の鈴木さんに撮影していただきました。いや、別にアイコン用に撮っていただいたわけではなく、たまたまオフ会でご一緒させていただいただけなんですけれども。

この写真をアップしたところですね、「岡崎さんが爽やかに見える」「岡崎さんの好感度が上がった」「同一人物とは見えない」「岡崎さん抱いて。いま24歳の新人OLです」などの妄想を含む反響を多々頂戴しまして、所詮この世は鏡に映ろう陽炎を追うばかりなのだなあと無常感に打ちひしがれております。

って、そんな話ではなくですね。

SEOにおける最重要タームは何かといえば、内部施策だなんだといっても詰まるところは被リンク、被リンクが最重要である点にいまだ変化はございません。ペンギンアップデートでいわゆるコンテンツファームやビジネスリスティング、審査制ディレクトリサービスが作り出すような「金で買える」リンクが価値を失ったこともまた確かなのでございますが、「人間が人間として評価する」リンクは依然として価値を持ち続けております。

否、オーサーランク(著者の信頼性)がなんだと申す現代SEO界隈に置きましては、むしろ生きた人間が評価し渡すリンクジュースには値千金の価値が生じつつあるといえるでありましょう。

そんで、この前ワールドワイドウェッブにおける異界「はてな」のオフ会に参加してみたのですよ。

そんで、いまいち落としきれないオフ会レポートをアップしたんですね。

WWWの精神に照らし合わせればゴミ以外のなんでもないレポートです。普通、ゴミにはリンクなんて頂戴できません。

でも、これが2桁はてブを頂戴したり、ウォッチャーのニュースサイトに掲載されたりするわけです。なんでしょうねこれは。

ページやドメインの価値を上げていくためには被リンクを集めることが欠かせません。その方法論として自然にリンクがもらえるリファレンスとしての記事を書こうとか、コンテンツSEOとかなんだと言われておりますけれども、実は一番簡単に被リンクを集める方法はオフ会に行くことなんじゃねえかなあって。

いや、最低限オフに来た人がリンクをくれるだけの情報価値があるサイトを持っていることが前提ですけれども。

ともあれ、「誰が言っているか」より「何を言っているか」が重要視されるのがインターネットの美点であると信じる私としては、オフラインで人脈作ったほうがインターネットでもやっぱり有利なんじゃねえかって世界はなんかイヤなんすけどね。

結論はとくにないんですけれども、私が死ぬころまでにはこういう気持ち悪さがなくなっているといいなあと思う次第で。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です