すき家ストライキ騒動に、放射能デマとか俗悪2chまとめサイトを連想した話


大山鳴動してネズミ一匹。

数日前から突如沸き立ったすき家ストライキ騒動、これは一体何だったのでしょうか。

ご存じない方のために簡単に概要をお伝えしますと、匿名掲示板2chのすき家バイトスレで「5/29にストライキやろうぜ!」という書き込みがされ、それがTwitterで瞬く間に拡散。各種まとめサイトやネットメディアが取り上げてすさまじい勢いで周知されていきました。

正規の手続きを踏まないストライキはどうやら違法にもなりかねないらしく、それを「山猫スト」と呼ぶらしいのですが、ともあれ新しい形の一揆であると持ち上げる向きも現れ、ITジャーナリストの佐々木俊尚氏も恒例の「朝キュレ」でこのように取り上げておられます。

このように、騒動の大きさに目をつけた労働組合などの左翼勢力も応援に参加。当初はブラック叩きでほぼ統一されていたネット世論が、アンチ左翼をも巻き込んでますます混迷を深めていきます。

「すき家」でTwitter検索すると、その目まぐるしさ、雑然ぶりと混沌にSUN値がガンガン削られていきそうな状態でありました。窓に! 窓に!

しかし、肝心の当日を迎えてみると大規模な閉店が起こっている様子もなく、Twitterでは「うちの近所のすき家は普通に営業してたよー」とほのぼのとした報告が相次ぐ始末。タイムラインを追っていると時たま「はじめてすき家にきた♥」という育ちの良さそうなお嬢さんの投稿に出くわしてそっとふぁぼるといった行為も私個人において発生していた模様です。

で、実際のところどの程度の影響があったのか。何しろ全国で2000店舗に届かんとするすき家ですから簡単には調べられません。そこでTwitterでの情報提供を呼びかけた朝日新聞公式アカウントがもらい火を浴びて炎上するという微笑ましい事態が発生。君子危うきに近寄らずとはよくいったもので、朝日新聞のご担当者様におかれましては火中の栗に手を伸ばしたつもりがプラズマ核融合炉の中心であったというような気分でありましょうか。

炎上具合は上記ツイートからメンションを各自追っていただきたく。ネット民の反朝日っぷりを改めて思い知らされます。「自分の足で調べろ」とはいいますが、取材には一般人へのインタビューも含まれるはずですので、ソーシャルメディアを通じた問いかけも大いに結構だと思うのですけれども。

これだけやられてもめげない朝日新聞さん。思うような情報が集まらなかったためか、再度下記のツイートを投下しました。

タフでなければ生きていけないのが朝日新聞記者だということでありましょうか。「情報提供してもどうせ事実を歪曲されて報道されるしから意味ない」といった辛辣なメンションも寄せられており、すき家なんかより朝日新聞のTwitter担当の方がよほど精神的にブラックな労働環境なのではと心配になります。それを記事にすればいいのに。

完全に脇に逸れました。

話を戻しまして、すき家ストライキの顛末です。「すきスト」って略すと深夜アニメみたいだなと思ったんですが、賛同の声はあまり多そうにありませんので進めますと、結局閉店した店舗は騒がられるほどにはなく、数少ないそれももともと「パワーアップ工事」で閉まっていたのかストライキの影響なのか判別がつかない状態。ゼンショー公式発表ではストの影響による閉店は1店舗もなく、また途中参戦し正規のストライキを行った「ちば合同労働組合」のゼンショー従業員はわずか1名であることが発覚。これほど「から騒ぎ」という言葉が似合う事例も珍しいでしょう。

ゼンショー「ストによる閉店は1店舗もない」 すき家ストライキ運動は幻に終わった?(Jcastニュース)
「すき家ストライキ」騒動の真相は? 千葉の労組「店舗ではなく工場で一人が決行」(弁護士ドットコム)
ネットで話題の「すき家ストライキ」 ゼンショー「1店舗もおきていない」(弁護士ドットコム)

一体誰がどんな目的ではじめた騒動だったのか。冒頭で佐々木俊尚氏が述べておられたように自律的、自然発生的に起こったものであるのなら興味深いのですが、実はアフィリエイト収益目的のまとめサイトが主犯なのではという疑義も持ち上がっておる様子。

【すき家】ストライキ代表者@Sukiya_Streik、店員じゃなかった!バレて逃亡(2ch)
【すき家ストライキ】仕掛け人は秒刊サンデー?(togetter)

カオス、カオス、実にカオスであります。ブラック企業に極左勢力、朝日新聞に2chねらーと、インターネッツ界のビッグネームが勢揃いでのくんずほぐれつ。ゴジラとガメラとキングギドラとウルトラマンが一度にやってきたような高揚をおぼえます。

さて、ここまで枕です。

毎度のことながらつい調子に乗って枕が長くなりました。たぶん本論のほうが短いです。

後出しでm9(^Д^)プギャーしたいわけじゃないんですが、私はこの騒動は最初からどうもおかしいとにらんでおりました。だって、肝心のハッシュタグ「#すき家ストライキ」を見ても、すき家で働いている人の声がまるでないんだもの。

検索してもタイムラインのほとんどがまとめサイトへの言及でうめつくされていて、たまに「私も参加します!」とか、「一緒にがんばろう!」といったツイートを見かけても、プロフィールを確認するとすき家の従業員じゃない。お前ら誰なんだと。どうやって参加するつもりなのかと。

2chを見ていても積極的な参加を呼びかける書き込みがなんか浮いている。どう浮いているのかと聞かれるとこればっかりは感覚的なものなので説明しがたいのですが、やけに挑発的すぎるというか。「いつかはゆかし」スレにわいていた工作員と同じにおいを感じた、といえばこのブログの一部読者の方にはわかっていただけるような気がします。

また、仮に2chやTwitterの書き込みが本当に従業員のものを含んでいたとしても(というか、2人か3人は従業員っぽい人がいた)、それがすき家の従業員にどれだけ浸透できるのかというのも疑問でした。2chに常駐する人は人口の数%以下でしょうし、Twitterはクラスタが変わると途端に浸透力が下がるわけで、今回の騒動自体いまだに知らない従業員も少なくないのではないでしょうか。これでは、事態が大きく拡がるわけもありません。

私がこの一連の騒動で引っかかっているのは、これだけわかりやすい不自然さがあるにも関わらずこの騒動がデマ・煽動のたぐいなのではないかと疑う声が圧倒的に少なかったことなんですね。

とくに、ハッシュタグのリンクなどはすぐにたどれるわけで、そこに当事者の声がほとんど見えなかったことは確認さえすれば誰の目にも明らかだったわけです。

ブラック企業憎しで気がついてもあえて黙っていた人や、圧倒的なネット世論が怖くて声を上げられなかった人も多いのではと思うのですが、実にトホホなインターネットの残念部分を見せつけられたようで悲しかった次第。

確かにこれまで、すき家を擁するゼンショーの大本営発表には信頼しがたい部分も多く、またブラック企業のもたらす社会への損害は見過ごせるものではありません。しかし、だからといってデマを見過ごしてよいとも思えません。

この一連の騒動から連想したものがあります。それは3.11以来の放射能デマの拡散者や、俗悪なまとめサイト。自分のメリットになるのであれば科学や事実を平気で無視する倫理の欠片もない人々です。

私の勘違いであればよいのですが、今回の騒動においては、普段「放射デマ」や「まとめサイト」を叩いている人も一緒になってゼンショーを攻撃していたように感じられます。

「自分が信じる正義の為には事実など無視してもかまわない」と確認や検証がおろそかにしたり、見知った事実を無視したのであれば、それは誠実な態度ではありません。前段に挙げた倫理の欠片もない人々と同類です。

己の心情・信条は脇に置き、まずは「事実」を可能な限り公平な目で見られる人の多いネット社会になって欲しいものだなあと、切に願う次第です。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です