人事は新卒の内定辞退を引き止めるべきではない


夜半までアルコール漬けになる日々を過ごし全身から倦怠感が漂っております。連休前の金曜日、今夜はゆっくり身体を休め、ブログでも書こうと発泡酒片手にパソコンに向かっております。こんばんは。肝臓から抗議の声が聞こえる静かな夜ですね。

ひどい記事を読みました。

内定辞退で「人事が罵倒」は実在する 「お前なめてんのか」「謝りに来たら骨折させる」(キャリコネ 企業インサイダー)※魚拓

リンク評価を渡すのも、流入を促すのも嫌なので魚拓にしました。元ネタの日経記事と個人ブログを組み替えて、追加情報一切なしで煽りタイトルに仕上げた2chまとめのようなクソ記事です。

現在進行形で不安と戦いながら就活を行っている学生を応援しようという意識がまったくないことだけははっきりわかりますね。就職情報サービスの姿勢としてどうなんでしょうか。意味のない就活塾などで高い授業料をだまし取る一部の詐欺企業とおんなじメンタリティじゃないですか。吐き気を催す邪悪とはこのことです。

ちなみに、元ネタの記事は以下の2つ。

内定辞退、修羅場でむき出しになる人事の本性(日経新聞)
圧迫面接やら、内定辞退にあれこれみたいなのは、誰かが録音してネットに流して炎上みたいなのが2~3回起きて、ニュース沙汰になれば、衰退するんじゃないかね? いいか悪いかは別として(情報の海の漂流者)

つうかさ、仮にも就職情報サービスなら、こんなコタツ記事じゃなく独自の情報を追加しろよ。就職の情報いっぱい持ってるんでしょ? 自社では書かず、煽り専業のライターにでも記事を外注してるんでしょうか。2chまとめが続々閑古鳥ですので、仕事にあぶれたライターは多いだろうし。

キャリコネさんもこんなクソみたいな煽り記事を載せるんじゃあなく、「Find Job ! Startup」さんや「scrmble」さんみたいにしっかり中身のあるオウンドメディアを展開しないと、いつかはたまったヘイトで焼き尽くされるんではないかと思うんですけど、どうっすかね。

さて、この記事が届く学生諸氏がいらっしゃるのかわかりませんが、内定辞退で暴言を吐かれることなんてほとんどないから気にしなくっていいですよ、と。

私も約10年社会人をやっており、2回の転職を経ておりますが、内定辞退で怒られたことなんて一度もありません。また、新卒採用サイトの営業をやっていたときも、人事担当者や採用コンサルを含む友人知人を介しても、このような事例は一度も耳にしていません。

つまり、内定辞退でひどい怒られ方をするなんて、10年社会人をやってても一度も見聞きしない程度の確率でしか起こらないので、これを恐れて萎縮するような必要はないのです。

企業側だって何社も受けなきゃいけない学生側の事情はよく知っているし、その結果として複数内定を得ることがあるのも承知してます。それに腹を建てたところで致し方がないという諦めもあれば、変な対応をして口コミが広まればその後の採用活動が苦しくなることも知っておるのですよ。

私もすべてを見聞しているわけではこざいませんので、ゼロとはいいませんけどね。

はい、相変わらず枕が長くなりましたがぼちぼち本論です。

人事の方にも申し上げたい。内定辞退を引き留めるのは利よりも害が勝るのでやめませんか、と。

理由は以下の3点です。

  • 引き止めに成功する確率が低い
  • 入社後の離職率が高そう
  • 嫌がらせと取られる危険が大いにある

引き止めに成功する確率が低い

学生さんもじゅうぶん考えて内定辞退の結論を出したんです。なだめすかして慰留をしても、引き止められる確率は低いでしょう。そんなことに時間を使う暇があったら、次の採用をはじめた方が建設的です。

入社後の離職率が高そう

仮に引き止めに成功し、入社をしたとします。その後に会社で何か嫌なことが起きたら、その社員はどう思うでしょうか? コンニャローと奮起するより、「ああ、やっぱりあっちの会社に行けばよかった」という後悔に囚われることの方が多いんじゃないでしょうか。

そんな心持ちでは成長も期待できませんし、すぐに辞めてしまう可能性も高いと思います。ヘタをしたら引き止めた採用担当者が逆恨みされるやもしれません。ハッピーな未来がぜんぜん見えない。

複数内定ではなく、就活浪人するだとかのモラトリアム系内定辞退であれば、いつか感謝されることも多々ありそうなのでこの限りではありません。

嫌がらせと取られる危険が大いにある

内定辞退を伝える学生さんの心情を考えましょう。よほど図太いやつでない限り、負い目を感じているはずです。一度は「御社が第一志望です!」みたいな面接をくぐり抜けているわけですから。その嘘にまったく心が傷まない奴はサイコパス以外にいません。

そんな負い目を感じている学生さんには、どんな優しい説得だって嫌がらせや説教に聞こえてしまう危険があります。東尋坊から飛び降りんとする自殺志願者を引き止められるくらいのスキルがある方でなければ内定辞退の引き止めはあんまりやらないほうがいいんじゃないかなと。

ぼちぼち長くなってまいりましたので、こんなところでキーボードから指を離し、発泡酒のジャグジーで肝臓を労る作業に戻ります。

では、最後に就活生に向けたエールを。

がんばれ、負けるな就活生。いや、負けてもいい。っつーか勝ちってなんだよ。こんないい加減な酔っ払いでもそこそこ生きていける程度に世間はぬるいのだから、あんまり思い詰めなさんなよ、っと。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です