ブラック企業の人材育成は蟲毒に似ている


こんな記事を読みました。

ユニクロ・柳井正会長はモノの言い方を考えないのか(Yahoo!ニュース個人/山本一郎)

で、こんなブコメをつけたらやたらにはてなスターをいただいております。

若者を競争させ雑に使いつぶし、生き残った優秀な者だけで組織を作るとか、蟲毒の精製過程みたいですね。

若者を競争させ雑に使いつぶし、生き残った優秀な者だけで組織を作るとか、蟲毒の精製過程みたいですね。

若者を競争させ雑に使いつぶし、生き残った優秀な者だけで組織を作るとか、蟲毒の精製過程みたいですね。

なんではてブ民はそんなに「蟲毒」を知ってるんだよとびっくりしました。

しかし、世の中的には「蟲毒ってなんだよそれ食えるの?」という反応が普通だと思うので、ちょっと解説してみようと思った次第。

まず、蟲毒についての説明です。ちょうどいいかんじに短く説明しているサイトがあったので引用。

蟲毒(こどく)(Fantapedia~幻想大事典)

「蠱毒」とも。
中国の呪法に使われる、呪術のために人為的に作られる特別な生物の総称。
毒をもつ生物(たくさんの種類でもいいし、一種類でもいいらしい)を 一つの箱(瓶でも壺でも、密閉できるものなら箱でなくてもいい)にぶち込んで、土に埋める。
その箱の中で空腹になった生き物が一緒にぶち込まれている連中とバトルロワイヤルで喰い合って、 生き残った奴には喰われた者たちの怨念が宿り、蟲毒になるという。

本当にこれが行われていたのかは寡聞にして存じませんが、少なくともフィクションではこのように説明されることが多いです。つうか、密封して土に埋めたら酸欠で全滅すると思うんですがどうなんでしょう。空気穴とか開けるのかな? 邪法にしてはなんかやさしい。

それはともかく、こういう劣悪な環境に置いて生き残った強者だけを抽出していくのって、いわゆるブラック企業の人材育成と似ていると思うんですよね。経営陣の求めるパフォーマンスについていけないなら去ってもらってかまわないというスタンスが。いや、それを人材育成と呼んでよいのか甚だ疑問ではありますが。

昨今のブラック企業論争で槍玉にあげられ、元記事でも批判をされているユニクロの柳井会長の発言からもそのようなニュアンスがにじみ出ています。

甘やかして、世界で勝てるのか ファーストリテイリング・柳井正会長が若手教育について語る(日経ビジネス)

根本的に向いていない人には、入社してほしくありませんし、仕事も続けてもらいたくはない。 小売業やサービス業では、まじめにコツコツ仕事をすることが何よりも重要なんです。地道に努力を重ねることを嫌がったり、お客様へのサービス精神がなかったりする人はいらないと思っています。

このようにおっしゃった上で、優秀な海外人材を称揚していたりするので、つくづく柳井氏は仕事ができる人が好きなんだなあと。いや、逆に仕事ができない人が許せないのかもしれません。別の記事ではこのようにおっしゃっています。

「年収100万円も仕方ない」ユニクロ柳井会長に聞く(朝日新聞DIGITAL)

生産性はもっと上げられる。押しつぶされたという人もいると思うが、将来、結婚して家庭をもつ、人より良い生活がしたいのなら、賃金が上がらないとできない。技能や仕事がいまのままでいいということにはならない。頑張らないと

そういう危機感はわかるんですけどね。でも、離職率が異常に高まるような厳しい環境でひたすら働かせ自己研鑚を迫っても、柳井氏の求める人材はなかなか育てられないと思うのですがいかがでしょう。

まあ、あくまで私の見聞きした範囲ですけれど、小売業って同じチェーンでもお店によってかなり労働環境が変わるから一概には言えないんですけどね。柳井氏に報告が上がるのは具合のいい店舗ばかりで、そうでない店舗は視界に入らないよう周りの人たちがさせてしまっているのかもしれません。臨店したとしても、そういうときはさすがに具合の悪い店も取り繕うでしょうし。

一連のブラック企業議論を読んでいて、少し前に読んだこんな記事を思い出しました。2chまとめなんですが。

仕事辞めた事ある社会人ちょっと来い(ぶる速VIP)

退職にまつわる心の濁りがふわふわと漂っています。離職者が多い職場って、こういう心の濁りが空気を汚すので、みんなどんどん力を発揮できなくなっていくと思うんですよね。蟲毒で勝ち残れるようなわずかな人材は別として。ましてやユニクロさんは直接消費者と接する小売業です。そういう暗い雰囲気はいずれ顧客に伝わり客離れを招くでしょうし、人材採用でも不利になっていくでしょう。

蟲毒で優秀な人材を作ろうとしても、けっきょくみんな酸欠で死んでしまうんですよ。そんなオカルトじみた手法には頼らず、きれいな空気と食料のある場所で伸び伸びと育てたほうが、より多くの人材を成長させられると思うのですがいかがでしょうか。

蟲毒でやっていけるのは、壺に入れる人材に困らない不況の間だけですよ、と。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です