賭博罪にあたる「ネオヒルズ族お宝総取りキャンペーン」がひっそりと削除されている件


先日、こんな記事を書きました。

ネオヒルズ族のイベントに参加すると犯罪者になるかもしれない件

秒速で1億円を稼ぐ男として名高い与沢翼氏もゲストとして参加する、ネオヒルズ族のなんちゃらパーティで賭博罪にあたるイベントが開催されるようだ、という記事です。

この記事よりも早くLivedoorニュースさんがNAVERまとめでぶっ込まれたようで、にわかに燃え上がるほほえましい展開を迎えておりました。

ネオヒルズ族が開催するセレブパーティに違法の可能性(NAVERまとめ)

特ダネを抜かれた新聞記者はこんな気持ちなのだろうなあとしみじみ思いながら、なんとはなしに例のイベントページを見てみたところ、なんと「ネオヒルズお宝総取りキャンペーン」を紹介した箇所がごっそり消えているではありませんか。

ネオヒルズ族・年収2億円カリスマ経営者『久積篤史』率いる-中略-500人規模の超豪華PARTY!!(ソーシャルブランド株式会社)
比較用(同ページのWeb魚拓)

すでに申し込まれていた人もいただろうに、何のことわりもなく消すとはひどい話ですね。このギャンブルが楽しみでざわ…ざわ…していた人もいたかもしれないのに。あれだけの騒ぎになってやめないのは逆にアレなんですけど。

イベント企画時に違法性に気がついていたのかどうかはわかりませんが、ああいう企画を考える時点で景表法なりその他法律に反していないか確認するのは企画屋であれば息を吸うようにできなければ問題外なわけで、その時点でこの会社のマーケティング能力を疑わざるを得ないよなあ、と思うのがまっとうな感覚でしょうか。

とはいえミスがあるのは人間ですから仕方がありません。連日のパーリーで思考がラーリーだったのやもしれませんし。それにしても解せないのは一連の騒ぎについて会社HPなどを確認してもまったく触れられていない点です。

最新ニュース(ソーシャルブランド株式会社公式HP)

あんな不祥事を起こしたら、会社として公式の見解なり謝罪なりをリリースするのが「普通の会社」なのですが。やはりネオヒルズ族の精神世界はわれわれ一般人の常識とは異なる高層階にあるようです。

願わくば、このまま普通人のいる下界に降りることなく昇天していただきたいところですね。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です