渡邉美樹ワタミ会長「営業12時間の内 メシを食える店長は2流」は2011年2月11日の動画ですぜ他


ブラック企業としてネット一般に定評のあるワタミが燃え上がっております。

きっかけは渡邉美樹ワタミ会長の参院選出馬が決定したからだそうで。

自民、ワタミ会長を擁立へ 参院選比例区(朝日新聞デジタル)

ブラック企業の頭目とされている人が国政に携わりかねないとなれば、そりゃあブラック大嫌いなネット民は反発しますよね。

ブラック嫌いでネトウヨなクラスタの人々では、「アカヒのデマだ!」という流言まで飛び交ったそうですから、文字通り右へ左へ大混乱なトピックだった模様。

ワタミ デマ で検索したらのつづき(togetter)

デマだと吹聴した方々以上に、自民公認、参院選出馬自体がデマだと疑われてしまう渡邉会長のカルマに心胆寒からしめられます。江頭2:50が自民公認候補になったとしても、ここまでの反応は引き起こせないのではないでしょうか。

続きましてこんな話題がホットエントリー。

「営業12時間の内 メシを食える店長は2流」(渡辺美樹ワタミ会長)
この記事のはてなブックマークコメント

去年、入社わずか2ヶ月の新入社員が過労自殺したというのに、まだそんなこといっているのかと驚きました。

ワタミ社員の過労自殺を認定 入社2カ月の26歳女性(47ニュース)
「これは殺人事件です」、ワタミ26歳過労自死で両親が申入れ(レイバーネット)

つうか、ろくに休憩もせず目が血走っている店長さんに接客されたくないなあ。

そんなことを思いながら、そういえばいつごろの発言なんだろうと元記事に貼り付けられていたYoutubeのアップロード日を確認してみたところ、2011年2月11日でした。

なんだ、さすがに例の事件の後ではないんですね。あれからきっと改心されたのだと思います。

改心をされた証拠に、渡邉会長ご自身のブログでワタミの外食事業の平均残業時間を公開されました。平成24年度月平均は38.1時間だそうで、36協定で定めた上限45時間を下回っているそうです。

やった! ワタミはやっぱりホワイトやったんや!

でも、この記述にもツッコミが入っておりまして。

ワタミが自らブラック企業告白をしている件について(novtan別館)

36協定では、残業時間が年間360時間を超えてもいけないそうです。へえ、そうなんだ。そういえば会社の研修で勉強した気がする。

でもでも、これには例外規定があるそうで。

36協定と労働基準法(キノシタ社会保険労務士事務所)

でも、機械が故障したり、大規模なクレームがあったり、決算業務や季節品の製造など、一時的に36協定で定めた時間を超えてしまうことが予想される場合は、「特別条項付の36協定」を届出ることができます。
(中略)
ただし、通常の業務量を大幅に超える受注が集中し、特に納期が逼迫したときは、労使の協議を経て、1ヶ月80時間、1年630時間まで延長することができる。この場合、延長時間をさらに延長する回数は、6回までとする。なお、延長時間が1ヶ月45時間又は1年360時間を超えた場合の割増賃金率は25%とする。」
このように記載すれば、特別条項の範囲内で、36協定で定めた時間(限度時間)を超えることが可能になります。

居酒屋稼業は毎日酔客の相手をするわけですから、トラブルは日常茶飯事でしょう。また、一時期に受注が集中するのもわかります。宴会需要なんて年末年始と3月4月の歓送迎会シーズンに集中してますからねえ。確かに例外規定を適用できる労働環境なのかもしれません。

しかし、例外規定の適用が常態化されているのはいかがなものでしょう。単店でたまたま起こったことではなく、全店での平均残業時間なので、常態化しているとみるのが妥当と思われます。正直、年間残業時間が360時間を超える職場なんてざらにあるので、あまり厳しく取り締まるのは実態にそぐわないんでしょうが。

そうはいっても、国会とは立法の府です。現行法が順守できていない可能性がある企業のトップを公認しちゃう自民党はどうなんですかね。当選後や選挙期間中にワタミに労基署が踏み込んだりしたら、たいへん愉快なお祭りに発展しちゃいそうなんですけれど。

基本的に、与党政府には経済政策だけをひたすらがんばっていただきたいと考えておりますので、こういう余計な火種を抱え込むのはやめていただきたいんですがねえ。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です