楽天の優勝セールに合わせて値引きするのは難しい、と元楽天出店者は思いました


こんな記事を読みました。

楽天セールで“不当表示”指摘(NHKニュース)

要約すると、楽天ゴールデンイーグルス優勝セールの「77%オフ」イベントに乗っかった業者の中に、本当はそんなに安くしていないのに通常売価を高く設定してあたかも77%値引きしたように見せかけていたお店があった、というもの。これは、消費者をだますものとして景品表示法に引っかかる行為です。

摘発されたわけではなく、あくまで楽天さんが自主調査をはじめたという体ですけれども、もしかすると消費者庁や公取方面から牽制が入ったのかもしれません。こんな風に話題になっていましたし。

77%オフはウソ? 楽天優勝セールで「価格偽装」の指摘、口コミページは炎上(ねとらぼ)
楽天スーパーセールは景品表示法に違反しているんじゃないの?(大彗星ショッカーのヒマつぶし2)
【これはひどい】楽天優勝セールでとんでもない事件が起きていたことが判明wwwwww(NAVERまとめ)
一大ブームの偽装に優勝セールも乗っかってしまったのでしょうか(Yahoo!ニュース個人 山本一郎)

うーん、なんというか、明らかに消費者を馬鹿にしたやり方で、こういう商道徳にもとる行為はまったく許されざることだと思うのですけれども、もともとECに関わっていた人間として声高に断罪する気にはなれないのもまた正直なところなのです。

ちょこっと私の経歴を紹介させていただきますと、楽天市場ではじめて月商1億円を達成し、国内ECでは先駆けて上場した某家電系老舗ECで働いていたことがございまして、私がジョインした頃はもうすっかり下り坂でしたけれども、私自身もバイヤー兼サイト運営者として月商1億円くらいの売上を担当させていただいておったのであります。あ、私の主戦場はYahoo!ショッピングだったんですけれどもね。

んで、そのころから楽天イーグルス関連のセールは存在していまして、正確にはおぼえておりませんが、3連勝でポイント3倍、5連勝ならポイント5倍といったイベントが日常的に行われていたのであります。

それで、大きなイベント事ですと、楽天側の示した条件に合わせられた商品は「特集枠」に掲載できるんです。当時と同じ仕組みであれば、今回のケースですと77%オフですか。その条件を満たす商品を出品することで、膨大なトラフィックを誇る楽天市場の一等地から導線を得ることができるんですな。

そんなわけで、楽天さんがイベントを行うときはなるべく乗っかりたいと出店者は思うわけですけれども、お中元だのクリスマスだのといった季節イベントはともかく、楽天イーグルス関連のイベント事に乗っかるのはすごく難しいんです。その理由は2つあります。

  • 開始時期がわからない
  • 実際に行われるのかわからない(勝つか負けるかわからないから)

いや、すごく簡単なんですけど、この2つに尽きるんですよ。。。

セールに出品するためには当然商材が必要なわけですが、小売業者にとって在庫はリスクなんです。たまたま安く仕入れられた目玉品なら、旬を逃さずとっとと売って現金に変えたい。仮に旬の長い商品であったとしても、倉庫スペースもタダではありません。借りているなら専有面積に応じて費用がかかりますし、自前の倉庫でも動かせない商品で埋まってしまえば次の仕入れに差し障ります。

いつはじまるのかわからない。悪くすると開催されないかもしれないセールのために在庫を抱えるのは、小売業者の立場からすればものすごくキツイことなんです。

それなら宣伝のつもりで赤字で売れよという向きもあるかと思うのですが、基本的にEC事業者というのは薄利でありまして、宣伝広告費に大枚を払えるところは稀です。食品や衣料・ファッション系などはまだ粗利が深いからマシですが、家電などは1桁パーセントの粗利で青息吐息というのもざらでございまして、この手のセールへの参加を指をくわえて見過ごすこともしばしばだったのでございます。

ああ、薄利多売の商売はつらい。

腹立たしいというか、同情するというかが、そんな台所事情を承知でセールへの参加を呼びかける楽天ECコンサルタントのみなさまでした。楽天の担当をしていた先輩が電話口で「あのねえ、うちの商売ご存知でしょ。そんな急に言われても右から左に目玉品なんて出ないんだって…」なんてよく話していたのを思い出します。

この問題を解決しつつ、インパクトのある大幅値引きセールを実現させるには、結局お店か楽天が身銭を切るしかないんでしょうが、ネット界隈ではやたら叩かれがちな楽天さんですけれど、実はあの手のセールにおける楽天ポイント積み増しはだいたい楽天さんの負担だったんですよね。そういうところで出費を惜しまず、集客力を強めてきた楽天さんのあり方というのは、出店者にとってやはりありがたいものでした。

最新の状況はわからないんですけれども、もし当時と同様に楽天さんが自社でポイント分の費用を負担されているのであれば、数億円から数十億円に上るであろう費用をすでに負っているわけで、個々の商品についてはお店側がファンを作るつもりで赤字覚悟のセールをやるしかないのかなあとか。

赤字では売りたくない、でもイベントには乗っかりたいという業者さんが今回の悪さをしてしまったんでしょうなあ。魔が差したのか、常習なのかは存じませんが。こういうお店が突っ走ると正直なお店がバカを見ることになってしまいますので、楽天さんにはぜひ積極的に取り締まって欲しいなあと思う次第。

うーん、しかし、こんなジレンマを抱え込まざるを得ないあたり、そもそもこの手のセールをしないのが正解なのやもしれません。それはそれで、一消費者としてさびしい話ではありますけれどもね。


(2013/11/7追記)

「楽天が出店者に値引きを強要したのでは?」という声があるようですが、私の経験からはそれは考えにくいという印象です。楽天にとってはお店もお客さんなので、基本的に下手なんですよ。また、強要できるような交渉材料もありません。「値引きしないと来月からロイヤリティ2倍な!」などとは言えないですし。

follow us in feedly

One thought on “楽天の優勝セールに合わせて値引きするのは難しい、と元楽天出店者は思いました

  1. Pingback: ブログで「ホットな話題があれば、渾身の力で支持される記事を書く」ことができるか? 楽天優勝セールの抹茶シュークリーム問題 | ウィンドミル いわしブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です