元家電バイヤーの者ですが、iPhoneは本格的にヤバいんでしょうか?


おごれる人も久しからず、ただ春の世の夢の如し。

こんな記事を読みました。

携帯売り場の者ですが、iPhoneが本格的にヤバいです(はてな匿名ダイアリー)

携帯売り場っていうからたぶん量販店の携帯担当の方かと思いますが、販売の現場で見ていてiPhoneから勢いが失われて、Androidに人気を奪われているのを感じているという話。原因はAndroidの方が機種が豊富で選ぶ楽しみがあるから、と。かなり納得。

アナリストな者ですが、Appleが本格的にヤバいです(はてな匿名ダイアリー)

上記の記事を受けて、アナリストさんがさらに論を展開しています。選ぶ楽しみがあるからではなく、自分にぴったりの製品が選べるから多品種のAndroidが人気になっているのでは、と。たしかに、手のサイズは人それぞれで違いますしね。

日本というガラパゴス市場にいるとサムソンの脅威は肌で感じにくいが世界的な趨勢を客観的に判断すると今や(あのパクリで悪名高い)サムソンはアップルを脅かすどころか凌駕しつつあるメーカーになっている。特に今後10年の主要な戦場となる新興国での存在感は抜群で、もうアップルが付け入る隙は無いほどまでブランド力が高まっている。

ってのはちょっと眉唾だけど。サムスンは日本では販売されないような廉価端末を新興国で大量販売しているからシェアを奪っているだけで、それに比べるとちょっとお高めのiPhoneは庶民には手が出しづらく、いまだにあこがれの製品なんじゃないかしらん。このあたりの事情はあまり知らないので想像です。もしご存知の方がいたら教えてください。

アナリストといっても経済アナリストからフードアナリストまでいるわけで、稿料ももらえない匿名の増田でご高説を垂れるのはどちらかというと後者のような気がするけど、まあ匿名言論の肩書きに信憑性を求めるのは無粋というものでしょう。あと、フードアナリストさんをdisるつもりはないですので気を悪くされる方がいたらごめんなさい。おいしいごはんは大好きです。少なくとも私のように一銭にもならない机上の空論を並べている人間に比べれば1万倍高級です。

机上で物を考える人より、最前線の空気を感じている人の方がこういう予測の精度が高いことは往々にしてあるので、前者の説に共感します。だいたい「自分に最適なスマホ」ってなんだろう。持ち上げられないくらい重いとかなら自分に合わないのはわかるけど、店頭でちまちま触ったくらいでそんなものがわかる人はごく少数なんじゃないかなあ。その結果、「自分に最適な(気がする)スマホ」を選び出すだけで、それって単に選ぶ過程での納得感や楽しさがあるって話で、前者の説で事足りてしまうわけです。

んでもって、やっと本論ですがiPhoneは本格的にヤバいんでしょうか?

ヤバいのかどうか論ずるためには、まず「ヤバい」という状態が何を指すのか定義しなければなりません。これについては携帯売り場の方が結びによい一文を書かれていましたのでそれを利用したいと思います。

だから私はiPhoneがスマホの絶対的な王者に返り咲くことはもう無いと思います。

「iPhoneがスマホの絶対的な王者に返り咲けない」状態を、「iPhoneヤバい」と定義します。

うん、まったく同意です。iPhoneヤバい。

だって、他の端末の性能がすごい上がっているんですもの。ちょっと前までのAndroidはカクカクで、iPhoneとの操作性の差は歴然でした。iPhoneの驚異のヌルヌルっぷりはOSからハードまで一貫して作り上げることで生み出されていました。iPhone4Sくらいまではその路線で他社との差別化ができていたんですが、最近ではもうダメです。高性能な部品がどんどん値下がりしたせいで、多少のチューニング不足はマシンパワーで補えるようになってしまいました。

ムーアの法則とは実に残酷ですなあ。

この辺の流れはPC業界で起きた歴史を何倍にも圧縮して見ているようで面白いです。パーツのモジュール化が進んでおらず、1製品ごとに高度なチューニングが必要だった時代、国内PC市場は国産メーカーの独壇場でした。それがWindowsの普及にはじまり、BTOを掲げたDELLなどの「チューニングせず組み立てるだけ」の新興メーカーが市場を席巻するまでには10年弱くらいの期間を要しましたが、同じ流れがわずか2~3年でスマホにも起きているわけです。

それで、じゃあこのままiPhoneはぐずぐずになるのかというと、そんなこともないと思うんですよ。

なぜかというと、まさにPCでやっていることをスマホでもやるんじゃないかなと。

アップルの強さのひとつは、小売店のコントロールまで含めた垂直統合モデルにあります。白黒で清潔感のある一定の広さの売り場を提供できなければ、小売店はアップル製品を扱えないんです。また、価格統制も強力で、日本全国どこに行ってもアップル製品は同じ価格で販売されており、販売店はポイントすら自由につけられません。おい、公取、仕事しやがれ。(※海外ではどうなのか知りません)

このおかげでアップルのPCは泥沼の価格競争から逃れ、ブランドイメージを保ちつつ高い利益率を確保できるようになりました。この辺の立ち回りはじつに上手い。我の強い完璧主義者のジョブズが指揮していたからこそできた強引な戦略とも思えます。

そんなわけで、iPhoneでシェアが取れなくなったら数を売るのをあっさり諦め、しっかり利幅を確保しつつ一定のファン向けに販売する方向に切り替えるんじゃないでしょうか。日本ではすっかりゼロ円販売が当たり前になったiPhoneですが、ひょっとすると半年か1年くらいで安売り店からは姿を消しているかもしれません。iPhoneをタダ同然で買えるのはいまが最後のチャンスかも。売れ線の価格帯は外さないアップルですので、極端に高くなることもないとは思いますが。

「何を馬鹿な。そんなことをしたらぜんぜん売れなくなるぞ」という反論は当たり前です。でも、そういう一見馬鹿げた戦略を貫いた先に現在のアップルの地位があるんですよねえ。私も現役のバイヤーだった時分は、こんな販売店や消費者をないがしろにするようなメーカーは早々に潰れると思っていたんですけれど、そんな私の思いとは裏腹に破竹の快進撃を達成してしまいました。きわめて腹立たしい。あ、私、アンチアップルなんです。

とはいえ、懸念は頑固でわがままな異常者であるジョブズがトップから去ったことです。こういう馬鹿げた戦略を貫くには、トップが途方もない馬鹿である必要があります。いくら成功した前例があるとはいえ、ジョブズ以外の人間が進むには茨の道すぎるようにも思えます。

それにしても、ほんの10余年前までは潰れる寸前で青息吐息だったアップルが、ちょっと陰りが見えたくらいで大騒ぎになるとは隔世の感がありますね。

以前にこんな記事も書いているので、よろしければご覧ください。アップルの復活劇の要因は、実は安売り戦略にあったんだぜ、という話です。

元家電量販バイヤーが明かす、アップルのマーケティングの真髄


(2013/3/28追記)
関連記事を追加しました。
初代iMacは本当に安くなかったのか?

follow us in feedly

10 thoughts on “元家電バイヤーの者ですが、iPhoneは本格的にヤバいんでしょうか?

  1. 正直iPhoneは日本とアメリカ以外ではあまり売れてません。
    一部の欲しい人が使っているスマホという事で最高の機種はもちろんSamsungです。
    日本にいるとなかなか見えませんが、サムスンは圧倒的です。
    世界シェアはiOSなんてたったの2割です。
    Androidは7割でSamsungは一社で世界シェア3割です。
    仕事でアジアの台湾や中国のゲームショーでベンダー向けのカンファレンスも見て来ましたが
    現時点ではiOS所有者の方が課金率などは高い割合は2割で今後は割合はもっと下がりAndroidの割合が多くなっていくだろうと
    このパターン以外のカンファレンスを見たことはありませんでした。
    要は世界的にはなくなりもしないがもう主流にはならないという扱いですね。

    • ありがとうございます。
      今後iPhoneが主流になることは、WindowsをMacOSがひっくり返すくらいありえなそうですね。

      個人的に気になっているのは、台数シェアではなく、金額や利益で比べたらどうなのかなってところです。
      アップルさんはその辺をコントロールして多額の利益を作るのが上手い印象なので。

      っていうか、日本メーカーももっとがんばって欲しい…。

  2. 日本では端末のメーカーを直接選ぶよりも、携帯会社から機種を選ぶ、という流れが完全に固定化してしまっていますよね。
    なので、でソフトバンクのブランド戦略が今までのように進み(auという選択肢もありますが)、iPhoneに対する盲目的な憧れや、iPhoneを持っているというステータスを日本人が感じるようであるようならば、国内ではこのままiPhoneの進撃は進むと思います。
    日本人は未だに島民的な考えが強いので、みんなで同じものを持ちたがります。
    そこがスマホ=iPhoneという風に多くの方が認識してしまっている原因の一つだと思います。
    だからこそ、何かのきっかけで、スマホ=Galaxyという風潮になる可能性もありますが、隣国との関係性もあり、日本では難しいと思います…

    • 「みんなで同じものを持ちたがる」のはスマホが未知なものだったためで、「みんな持ってるし安心」という理由でiPhoneが選ばれることも多かったのではないでしょうか。

      おっしゃられているとおり、少し以前までは「スマホ=iPhoneと多くの方が認識している」状態でしたが、現在はもうそんなことはないのかなと。携帯売り場や電車でスマホをいじっている人を見ながら思います。

      アップルがその状況を指をくわえてみているわけもなく、スマホがコモデティになっていく過程に合わせてブランディングのやり方を変えていくんじゃないですかね。「iPhoneはiPhoneそのものであり、スマホなどというカテゴリに収まるものではない」的な。

      個人的には、そろそろスマホのBTOメーカーが出てきたら面白いのになあと期待しています。ワンセグとか余計な機能が多すぎるのですよ。。。欲しい機能だけ入れて、基本性能が最強のヌルヌルAndroidが欲しいです。

      まあ、日本においてはキャリアによる端末支配が緩まない限り難しいとは思いますが。総務省さんにはキャリア各社を、公取にはアップルをしっかり指導していただきたいと切に願うばかりです。

      • >「iPhoneはiPhoneそのものであり、スマホなどというカテゴリに収まるものではない」
        いかにもAppleが言いそうなコメントですね笑
        ジョブズ亡き今、Appleにそこまでのブランド力があるとはなかなか思えませんが…

        ユーザーとしてはBTOで作り上げた端末が、自分にとって最高のスマホになるはずですよね。
        その点は、私も以前から考えていましたが
        キャリアによる、二年縛りなどという意味不明なことが当たり前のように行われている現状では無理だと思います。
        特に携帯の市場においては、名ばかりの自由市場ですよね。
        きっと総務省のお偉方にとっては、些細なことなのでしょうが
        携帯市場の真の自由化こそが、日本の大いなる前進に貢献すると考えています。

        • ジョブズという個人にブランドイメージの一部分を負わせてしまったのは、ジョブズの大きな罪かもしれませんね。ライトなAppleファンはそれほど気にしてないかもしれませんが、ディープな人にはけっこう影響ありそうです。

          キャリアによる縛りはとっとと撤廃して欲しいところ。どこに行ってもほぼ同じ価格で販売されていますし、ああ、やっぱりここでも公取さんの活躍が待たれます。

  3. なんつか、収益性についてコメントで誰も突っ込みないのよね。
    元記事もそのへんをアナリストがスルーしてるというアホさ。
    スペック戦争は単なる焦土戦なので、部品コストをあげて無理に製品の値段を下げてシェアを広げてるのには限界があるし頭打ちになった時点で崩壊するのは目に見えてます。枯れたスペックで台数を稼いでるAppleの方が次の手を打てる余裕があるのは明らかでしょう。圧倒的なシェアを誇ったノキアが衰退したことすら忘れてる人多いし、シェアが多いから安泰ですとかにはならないし。Android依存してる現状の危険を感じてるから脱Androidの道もすでに模索していますし。

    儲けようのない液晶のような世界になるのかなにかしらのブレイクスルーが起きるのかはなんともわかりませんが、スペックや他機種展開に浮かれてる人ならば液晶と同じ道を辿るでしょう。

    • 量産によるコスト低減効果ってすごくわかりやすくて力強い話なので、それに引きづられてしまう経営者が多いということなんでしょうね。シェア神話って。

      液晶にしても、PCにしてもおんなじ現象が起きているんですが、高級炊飯器みたいな市場に目をつけはじめた一部メーカーの一部部門なんかもあるわけで、そういう発想の出来る方々に期待したいなあなどと。

  4. Pingback: 日刊 あおのうま Vol.862(2013.03.28)【目の前にあるという現実】 | 極上の人生

とある就活生 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です