不安で眠れない夜は、頭の中で「あー」とつぶやくと安心して眠れるらしい


明日に控えた大事な商談、今日の失敗、気になるあの娘は今夜何をしているのだろう。

そんな不安で眠れない夜は誰にでもあるものでしょう。

触れなば散らん桜の如き繊細な神経の持ち主である私ですから、床に就いてもまんじりとせずいつまでも眠れないことが人一倍多くて困るわけです。いや、人と比べたことはないんですが。

そんな夜はたいてい買い置きのウイスキーなどをあおって強制シャットダウンを図るんですけれども、あんまり健康的ではありませんし、寝起きもよろしくない。何かうまい入眠法はないものかと思い悩むあまり、夜も眠れない日々が続いておりました。

ちょうどその折、今朝なんとなくテレビを見ておりましたら、この悩みを解決するよい方法が紹介されていました。それがえらく簡単で、しかもなかなか効きそうな気がしたのでご紹介します。

といっても難しいことはまるでなく、入眠時に余計なことを考えだしてしまったら、頭の中で「あー」とつぶやくだけ。お手軽すぎる。

あまりの簡単さに本当かよと疑いたくなりますが、案外理屈は通っています。人間の脳は複数の事柄を同時に言語化できないので、「あー」と考えているだけで他のことを言葉で考えられなくなるんだそうです。これで悩みが表象化することを防ぐわけですな。なるほど。

お疑いの方はちょっと試しに頭の中で「あー」とつぶやいてみてください。私もやってみたんですが、見事にまったく他のことが考えられなくなりました。

お坊さんが経を唱えて瞑想するのと似たような作用なんでしょうか。雑念が消えてリラックスできます。考え事が行き詰まったときとか、仕事の合間などにやってもよい休憩になりそうです。

今朝知った情報なので、まだ睡眠時に試してはいないのですけれど、寝付きが悪いときに実践してみようと思います。これは効果があるんじゃないかなあ。

・出典:CBC ゲンキの時間 第78回(10/13) 「睡眠障害」 アーカイブ

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です