ロングテールを相手に書く、というSEO的発想がはてなブロガーには必要ではないか


こんな記事を読みました。ある記事を起点に話題が広がっているので3つほど。

ちなみに、いずれも「はてな」関連のサービス内で書かれています。

手をかけた記事が受けず、片手間に書いた記事が受ける問題(タケルンバ卿日記)
なぜ反響が無くても自分の意見を主張するべきなのか(雪見、月見、花見。)
「とりあえず出してみる」というたった1つの賢いやり方(脱社畜ブログ)

はじめの記事はタイトルのとおりで、「うんうん、あるある」ってかんじです。

このブログの中でも反響が大きかった記事はわりと時間を書けずにサクッと書いたものばかりで、気合を入れて問題提起してみたつもりの記事なんかは泣かず飛ばずだったり。正直、とほほな気分になりますよね。

2番目の記事は、それでも投げかけ続けることが大事で、その努力はいつか実る(かもしれない)というもの。「諦めたらそこで試合終了ですよ」という名台詞を思い出します。これも同意。

そして最後は「あれこれ考えたって結果はわからないんだから、とりあえず公開して試そうぜ」という考え方。事前に悩んで答えがわかるなら何事も苦労しませんよね。これも同意です。

しかし、なんかもったいないなあと思ったのは、2番目の記事以外では「いまこの瞬間に誰かにウケなくても、その内容を求める人がいつかその記事にたどり着くかもしれない」という視点が弱い気がしたこと。

これは一連の記事が「はてな」という生態系の中にあるからなのかなあ、と。いや、なにも「はてな」に限らず、amebaでもlivedoorブログでもいいのですが、特定の集団内の作法に染まると、その中でウケるための手法ばかり研ぎ澄まされてしまうような。

それが如実に現れているのがタイトルです。

タイトルはSEOの基本で、記事の情報を求める読者が検索するであろうキーワードを想定して盛り込むのが鉄板なわけですが、「はてな」のようにある程度の露出が保障されるコミュニティの中では、思わずクリックしたくなるようなキャッチーな見出しをつけることの方が重要になりがちです。

息の長い集客のためには検索エンジンからの流入は欠かせないのに。

また、私のように何のサービスも利用していない野良ブロガーの場合も特定のコミュニティからの流入は期待できないので、集客はもっぱら検索エンジン頼みです。

検索エンジン対策に必要なキーワードを盛り込みつつ、日本語としておかしくないよう、でもバズりますようにと願いを込めて、制約条件下でなるべくキャッチーなタイトルを知恵を絞って考えています。

そういう視点で考えると、いずれの記事もタイトルに検索エンジンからの流入がイメージできる言葉がほとんど入っていません。もし私がリライトするならそれぞれこんなかんじでしょうか。

・ブログ記事の執筆にかけた時間と、PVやバズり具合は比例しない
・はてブやTwitterで言及、拡散されなくても投稿を続ければいつか反響を生む
・記事がウケるか悩むくらいならひとまず公開した方がバズる可能性は増す

これがお手本というつもりはさらさらありませんけれども、なんかちょっともったいないなあと思った次第。

こんな風に書けば、「ブログ記事 執筆 時間 PV」とか、「はてブ Twitter 拡散」とか、「ウケる記事 バズ 可能性」とか、そういうテールなキーワードで引っかかりやすいのになあ。

渾身の記事がヒットを飛ばすのはもちろん楽しいのですが、少数でも狙ったキーワードで流入があったときもまた楽しいですよ、と。

とくに、一時のヒットだけではなく、長期間にわたって影響を及ぼしたいと考えているのなら、ちょっとだけSEOを鑑みてタイトルをつけるのも悪くないと思うのです。


(1/30追記)
はてブでコメントを頂いたので書きました。
アクセス乞食は卑しい?ブログを書く7つの動機を整理してみた

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です