ブロガーは粘着質な匿名の荒らしを無視してはならない


こんな記事を読みました。

ブロガーは粘着質な匿名の人と戦わなければならない(デジタルマガジン)

24時間残念営業さんという人気ブログが嫌がらせを繰り返す粘着質のアンチに負けて移転を表明するという出来事を受けての記事です。私もファンだったのでたいへん残念なのですが、この記事にある「荒らしは無視しろ」という伝統的アプローチは本当に正しいのかと疑問に思ったので書いてみます。

この記事では、荒らしの動機についてこのように説明をしています。

反応があると相手は喜びます。かまって貰えるのが嬉しいから。のれんを押して手応えがあると楽しいんです。だから、もっと攻撃してきます。

うーん、本当にそうなんでしょうか?

一部の愉快犯的な荒らしはそうかもしれないんですけど、なんか違う気が。特定の誰かに粘着するような荒らしは、相手に対する嫌悪をひたすらにぶつけているように思うんですよね。嫌いだからダメージを与えたい、嫌いだから屈服させたいという動機の方が強いような気が。

だから、対抗手段は2通りです。

  1. 正面からダメージを受けていないことを伝える
  2. 正面から屈服したと伝える

1つ目のパターンは、なんかまあさじ加減が難しいんですが、こちらの心の揺れが伝わらない無感情なレスを返すのがポイントです。ロープレをしてみるとこんな感じでしょうか。

コメント:なにこいつイミフすぎるwww
返信:意味がわからなくて申し訳ありません。わかりやすく書き換えたいのですが、どの点が不明だと思われましたか?
コメント:ぜんぶ意味わかんねえんだよwww日本語でおkwww
返信:一応日本語で書いたつもりなのですが。。。すべてとは申しませんので、改善したいので具体的なご指摘を数点でもいただけると助かります。
コメント:教えて君キタコレwww
返信:未熟で申し訳ありません。先達に教えていただかなければまだまだ立ち行かぬもので…。具体的なご指導をいただけると幸いです。

Twitterですとだいたいこの辺でブロックされます。おめでとう! 粘着質な匿名をひとり排除することに成功しました。

2つ目のパターンはもっと卑屈です。

コメント:なにこいつイミフすぎるwww
返信:申し訳ありません。精進いたします。
コメント:そもそも●●とか頭が沸いてるんだよwww
返信:なるほど。勉強いたします。

やっぱりこの辺でブロックされます。

って、あれ? 1番目とあんまり変わんないですね。

24時間残念営業さんの場合ですと、Twitterではなくはてな匿名ダイアリーでの粘着だったので直接対峙が難しい状況だったようですが、いっそいちいち名乗ってこういう応対を繰り返されてはいかがかなと。

こういう煽り返しをしておりますとおよその場合で相手の血管が先に破裂しますので、撃破数を数えて楽しむもよし、ファビョって狼狽するさまを楽しむもよし。そうなればむしろ荒らしがやってくるのを心待ちにできるかもしれません。

注意点といたしましては、いちいち真剣に返信を考えるのは面倒くさいので、なるべく定型文コピペで返答することでしょうか。そういう機械的な対応のほうが、荒らしの心をぐりっとえぐれると思うのですがいかがでしょう?

最後に申し上げますと、24時間残念営業さんにはこんなかんじの対応スキルを身につけていただいて、引き続き面白いコンテンツを吐き出し続けて欲しいなあと心から願うものであります。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です