ブラック企業で働くという自由


ワタミ会長渡邉美樹氏の参院選出馬(自民公認)に伴って多方面で炎が上がっております。一連の炎上の発端となったのはこちらの記事でしょうか。

「ブラック企業」と呼ばれることについて(わたなべ美樹(ワタミグループ創業者)公式サイト)

ワタミ創業者、渡邉美樹会長ご自身のブログです。要約しますと、ワタミの外食部門は外食の平均より離職率が低いし、残業時間も短いのでブラックには当たらないという主張です。

これに対し、「離職率なんてグループ会社を使ってロンダリングすればわからないじゃないか」とか、「サービス残業が横行している現場で、大本営発表の残業時間なんて意味がない」といった反論がネット界隈から噴出しております。前者はさすがに手間が多いし、穿ち過ぎなんじゃないかと思いますが、後者についてはまあそういうことも起きているでしょうなあ。

反論の中で、もっとも注目を集めたのはこちらの記事でしょう。

「疑わない」という怠惰について(24時間残念営業)

かなり長いので色々な要素を捨象してしまうんですけれども、私が思うに主張の趣旨はこんなかんじ。「あなたの求める“がんばり”をどうやっても達成できない人がいるんだから、切り捨てるな。とくに公益を担う政治家ならば」という話。ごもっとも。

でも、逆にいえば、渡邉美樹氏の求める“がんばり”が身につくように、ワタミの門を叩く人もゼロではないと思うんですよね。12時間メシも食わずにがんばる体験で身心を鍛えたいという人や、飲食で独立したくてワタミのオペレーションを学びたいという人とか。後者はともかく、前者はよほどのマゾですが。でも、そういうマゾい環境が好きなワーカホリックって確実にいます。あと、「無給でいいから弟子入りさせてください!」なんてのも世の中にはあるそうですね。

ここで問題だと思うのは、現行の労働基準法です。働き方の上限(下限?)が定められていて、それに反すると違法になってしまうんですね。そんなわけで、労働基準法で定められている以上の負荷がかかる職場でもそれを公表するわけにはいきません。公開される求人情報はあくまで「法の許す範囲内」となり、休日をつぶして社長の著書の感想をレポートにまとめたりだとか、バックヤードでダンボールを敷いて寝るだとか、そういうのが全部隠されてしまうわけです。

こうなると、過負荷を求めるワーカホリックにも、過負荷を避けたい普通の労働者にも、どちらにも十分な情報が提供されないミスマッチ極まる状況が出現します。前者は求人票に書かれた内容を悪い意味で信じずにホワイト企業に就職してしまい、「もっと厳しい環境で自分を鍛えたいんだ!」と会社を辞めてしまい、後者は求人票に書かれた内容を信じてブラック企業に就職してしまい、「こんな違法な労働環境で続けてられない!」と心を病んだりするわけですよ。君たち、職場を交換しなさい。

結局のところ、人間の耐久性ないし資質、嗜好って人それぞれなんですよね。ある人は長時間労働を心地よく思うかもしれないし、ある人は一切働きたくないでござると思う。ちなみに私は後者の側です。サマージャンボ当たらねえかな。

では、それぞれにあった働き方を実現しようと思うと、なるべく情報の非対称性をなくすしかないわけです。現在の求人情報って、おためごかしばっかりで、実体をまるで反映してないと思いません? 実体を知っているのは中の人だけで、外側からは正しい情報がまるでわからんのです。これは企業人事同士でもいえることで、私がむかし求人営業をやっていたころの話ですが、かなりブラック気味な会社の人事が「うちはぜんぜん楽な方だよ」と話していたり、ハイパーホワイトな会社の人事が「今月の平均残業時間が15時間超えちゃって……。なんとかしないとなあ」と嘆いていたりするわけです。格差社会、格差社会であります。

というわけで、このミスマッチをなんとかするには、図らずも嘘を前提としてしまっている労働基準法を変更したほうがいいんじゃないかなと。実体を公開したら即違法な会社が求人情報に嘘を書くのはしかたがないです。

で、一部の(少なくない割合の)会社が虚偽の記載を書くせいで、求人情報全体が信じられなくなっちゃってるのが現状です。だから、36協定だとか、残業休出の割増賃金規定だとか、守られるわけもない規定なんてぜんぶなくしちゃえばいいんですよ。

その代わり、求人票にはすべて真実を記載することを義務付け、虚偽を書いた場合には厳しく罰すると。「うちは何時間残業しようが休日出勤しようが基本給以外は支払いません!(キリッ」とか、はっきり書いてもらうわけです。

そうすれば、薄給でもなにがしかを得たくて入社する人は労働条件に納得してブラックに入社するでしょうし、そうでない人はブラックを避けるでしょう。優秀な人材は総じてホワイトな方に流れがちになるでしょうけれど、それが正しい市場原理ってもんです。粉飾満載の求人情報で採用しまくってる現状がおかしいんですから。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です