ネットで論争するべきなのか。もしくはTwitterで殴りかかる行為について


酔って候。

昨日かおとといに書いた記事がなんだか妙に話題を集め、ついにはITジャーナリストとして著名な佐々木俊尚氏にもTwitterで取り上げていただきました、誠にありがとうございます。

普段の皮肉がかったエントリとは違い(※ゆかしたんへの愛は本物だよ!)、ものすごく能天気に明るいことを書いたためか、なんだかとてもわたくしを馬鹿にされた感じのコメントも多くいただいたわけです。誠にありがとうございます。

まあ、私の被害妄想も多いんでしょうが、人の子である以上、馬鹿にされればやっぱり腹も立つわけです。あと、どこが馬鹿だと思われたのか聞きたくもなるわけです。はてなのidコールとかよくわかんないんで、とりあえずTwitterでなにやら書いている人にはときどきメンションを飛ばしてみたりするわけです。

「私が馬鹿だと教えていただき、誠にありがとうございます。ところで、後学のために私のどこが馬鹿だと思われたのか具体的にご指摘願えないでしょうか」

的なやつですね。いや、たぶんこんな丁寧じゃないけど。

これでまともな返答がもらえたことがけっこう少ない。だいたい無視される。もしかしたらブロックされてる。

いや、返事がいただけるケースはゼロではなく、ちゃんとかみ合った議論に発展して勉強させていただいたりだとか、そういうつもりじゃなかったんですごめんなさいTwitterってこわいですねとか、私が勘違いして殴りかかってましたごめんなさいとか、そういう話になることもあるわけなんですけど、つーか返事がいただける場合は建設的な結論に落ち着ける場合が多いんですけど、どうも無視される割合の方が多い気がするんですよね。ちゃんとカウントしてないんで認知バイアスかもしれないんですけど。

アルファな方々と比べるのも不遜ですが、そんじゃーねの人だとか、池田信夫氏なんかはブコメを非表示にして精神衛生を保ったり、カタカナのイケダ氏などはそれを燃料にして大気圏を突破しようとしてたりな感があるわけですけれど、そういう大人な対応も剥き身のテキストで殴り合えるインターネッツのよさを否定しているようでなんだか嫌なわけですよ。裸で殴り合おうぜ、的な。

いや、それ以上に安全圏から石を投げてくる人への嫌悪感が先立つっていうか。

私の心が狭いと言われればそのとおりなんですけど、私はただひとりの人間としてインターネッツの荒野に立っているつもりなわけです。殴る以上は殴り返される覚悟を持ってこの場にいるだけに、一方的に殴るだけの立場を享受しようという人にはフェアじゃねーんじゃねーのと言いたくなるのです。

こういうことを書くとインターネット実名推進派だと誤解されそうですが、断然匿名派です。私は試しに実名でやってますけど。ただ、匿名でも一連の議論においては人格を保っていただきたい。それで負けたらアカウントを消して撤退し、どこかでリボーンしてていただいてもかまわない。

なんかまとまりないですけど、批判されるのが嫌とかじゃないんですよ。もちろん、せっかくなら褒めて欲しいんですけど。でも、私が書いたことを批判したのなら、批判の批判に応えるぐらいのことはしていただきたいなあと、かまってちゃん的には切に願うわけであります。

あ、でもお前のかーちゃんでべそ的なアレについてはブロックするのであしからず。過去1アカウントほどそんなのがあったので予防線張っておく。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です