さくらのレンタルサーバーで503エラーが頻発するので、WordPressブログをエックスサーバーに移設することに決めた


「Service Temporarily Unavailable」はもう見飽きたよ…。

>Service Temporarily Unavailable
The server is temporarily unable to service your request due to maintenance downtime or capacity problems. Please try again later.
Apache/2.2.23 Server at sakedrink.info Port 80

最近、WordoPressの管理画面を開くたびにコレにぶち当たります。開いてもCSSが読み込まれてなくて、わけのわからん管理画面に。どうも原因はさくらサーバーさんに「てめーのブログはリソース食い過ぎなんだよバカヤロウ。共用サーバーでそういうオイタをやらかすとアクセス制限しちゃうぜっ!」ということらしいです。

はじめは原因がわからず、「さくらのスタンダードプランはサーバー弱いなあ。月500円ならこんなもんかなあ」なんて思っていたんですが、あんまり頻発するんで一応詳しく原因を調べてみようとサーバーのコントロールパネルを開き、リソース情報を確かめてみるとこんなメッセージが。

[画像]
2013/07/02 アクセス過多のため、アクセス数が制限されています。

※画像ファイルのアップロードもできない…。画像は後日補完します;

ええー、毎日せいぜい1000訪問ちょっとのブログでそりゃないよ、さくらたん。

まあ、普通ならこんな程度で規制はされないと思うのですが、たぶん生ログ解析系のプラグインを2つも入れていたのが過負荷の原因なのではと、「WP SlimStat」と「Jetpack by http://WordPress.com」をとりあえずアンインストール。

昨日の夜のうちにサポートにメールも送っておいたので、今日はもう解除されてるだろうと思ったら、相変わらず503が頻発するし、コンパネのメッセージも変わっていないし、メールの返信すらいまだにありません。他に原因があるのか、単にサポートが遅いだけなのか。いずれにせよ、さすがにげんなりしてきました。

とはいえ、月500円のサービスに求めすぎるのは酷な話です。以前から記事がバズるとよく落ちていたので、これを機に覚悟を決めてサーバー移転することにしました。DB移設とか、面倒くさそうで嫌だったんですけどね…。

どのサーバーにするか悩んだんですが、比較検討を重ねた結果、移転先はエックスサーバーにしてみようかなと。

支払い方法やプランによっても料金が変わるのですが、X10プランなら月額1,050円で容量100GB、マルチドメイン・サブドメインが無制限とコストパフォーマンスは十分。これから勉強用にアフィサイトなんかも作ってみたいと思っていたので、MySQLが30個設置できるというのも魅力です。

あと、有名っぽいアフィリエイターが「このサイトもエックスサーバーで運用しています」なんて書いていたので信用しました。サイトの稼働率が収入に直結するアフィリエイターがすすめるのですから、きっと安定性も高いのでしょう。

同社のサービスで、高速化をうたっているWordPress専用のwpXレンタルサーバーとも迷ったんですが、あちこちのレビューを見る限り、管理画面以外でそのスピードを体感することはない模様。特化しているだけに他の使い方はほとんどできないようで、WP以外のサイトが設置できないのもちょっと痛い。いや、作るかわかりませんけど、念のため。

さらに高性能のシックスコアという選択肢もあったのですが、まだそこまでは必要ないだろうと自重しました。

実際の移設作業は週末にやる模様。無事移転できたら、手順などを詳しくアップしてみたいと思います。

っていうか、具体的な手順は私もいまから調べるという…不安だ;

follow us in feedly

One thought on “さくらのレンタルサーバーで503エラーが頻発するので、WordPressブログをエックスサーバーに移設することに決めた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です